スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男のケガ 口のケガには気をつけよう

去年の12月半ば、次男が長男と追いかけっこの最中に、こけて顔をどこかにぶつけて口の中を切るケガをしました。
歯があたったらしく、口の中と唇の端を切っていまして、怪我した当初は大量出血で、泣きながら血みどろでやってきたときは、あわてました。

が、1時間もしないうちに血は止り、翌日にはミカンをムシャムシャたべていて、念のために整形外科に連れて行ったのですが、縫わなくても大丈夫でしょうと、イソジンをもらって帰ってきました。

が、1ヵ月後の先々週、定期健診ので歯医者さんに行ったんですが、そこで恐ろしい事実が。

歯が欠けていて、前歯にいたっては神経が切れて腐っていたのです…

最初は、歯が欠けたのは虫歯ですね~~治療しましょうね~~だったのですが、私がケガのことを話して、治療を始めると、ちょっとした虫歯なのになぜか大出血。

神経が腐って膿がでてきたのです。

虫歯の大きさから、これは虫歯からではなくて、顔を打ったときに、歯を打ちその衝撃で神経が切れて死んでしまったと、そしてそこから腐ってきたんじゃないかとのことでした。

永久歯と違って乳歯は弱いそうです。

とりあえず、膿を全部出すために、ただいま脱脂綿を詰めて抜いている最中です、
2週間たった今もつめてます。う~~ん。虫歯よりも大変なことになってしまいました。

先生がおっしゃるには、定期健診に来なかったら、膿がたまってアゴが腫れるまでわからなかったでしょうとのこと。不幸中の幸いでした。

ああ、怖かった。

スポンサーサイト
プロフィール

みょうが植え

Author:みょうが植え
6歳と4歳の男の子二人の母です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
口コミマーケティングをお考えならモニタープラザ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。